岩風呂 

 土井晩翠が神の湯とともに愛してやまなかった、当館の名物風呂。明治の初め、巨大な一枚岩を、二年がかりで手彫りしたもので、その大きさと深さは、20名が一度に入浴できるほどです。早朝時、岩肌に含まれた鉱物が日光に照らされ、淡い輝きを見せることがあります。






 お風呂    姫 湯   かじかの湯  福の湯